ライターのお仕事って?
そもそもライターとはどんなお仕事なのでしょうか?
ライターのお仕事と一口にいっても、いろいろな種類のお仕事があります。例えば雑誌、書籍、広告、カタログなどライティングのプロが行うような仕事から、インターネット上のウェブサイトの記事のライティングまで本当にさまざまです。

記事のテーマも、これまたそれぞれで、あらゆるテーマの雑誌にすべてライターさんが存在するわけですから、こちらも本当に多彩になります。

小さな趣味関連の雑誌を含めれば、膨大なテーマ数であることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

これなら私にも書けるかも!
ライターになるための条件とは?
実は、ライターになるための条件、ハードルはあまり高くありません。
ちゃんとした日本語が書ければ問題ないのです。

もちろん、正確な日本語を書けることも素晴らしい技術だと思います。
国語的な文法が正しい、テストで100点をとれるような日本語が書ければ、それに越したことはないでしょう。

しかし、最も重要なポイントはそこではないのです。

シボライターの理念にもある通り、私どもがやりたいことは、徹底的に消費者目線に立った記事を書くこと。

つまり、その記事を読んで、その消費者が業界の人間を同じような基準で商品を見ることができる目を養うことです。

そのためにもっとも大切なことは、テストで100点をとれる日本語ではないのです。

それよりも、多少日本語が正しくなくとも、消費者目線に立った深い知識からなる記事なのです。

深い知識というと、「私にはそんな深い知識はありません」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

“人はその道において賢し”という言葉がありますが、特定の業界に一定期間で携わった経験があるならば、少なからず一般人が知らない情報を持っているのです。

その業界の人間にとって

「え?そんなこと誰でも知ってることでいいの?」と思うような情報でも、

一般の方にとっては大変貴重な情報になります。

もちろん、必ずしもその業界に携わっている(もしくは、携わっていた)必要はありません。
少し詳しい程度でも十分に良い記事を書ける可能性はあります。

ちなみに、書籍や他ウェブサイトなどからの引用、コピー&ペーストは一部でも厳禁です。

絶対に必要な技術は?
シボライターとのやり取りは、基本的にパソコンを中心に行います。
必要であれば電話やSkypeを使用することもありますが、基本はパソコンです。

そのため、パソコンでソフト(Wordなど)を使用して、文章をタイピングできるのは必須の技術になります。もちろん自分のパソコンを所有していることも必須条件ですね。

ただ、ブラインドタッチができなければダメかというと、そうではありません。
できたほうが早く仕事を進められますが、

もし苦手であれば、ライティングのお仕事をしながらブラインドタッチも覚えてしまうという方法もありですね!

募集テーマ一覧
最後に、シボライターでは下記のようなテーマの記事をライティングいただける方を募集しています。ただ、こちらにないテーマでもすごく得意なテーマがありましたら、お気軽にご相談ください。
一覧
「最初から役立つ記事なんて書けない・・」 そんな方へ覧
上でもお伝えしているように、あなたがお持ちの知識をそのまま記事に起こしてもらえれば、
高確率で良い記事になる可能性になりますし、

ご質問いただければ専門のスタッフがわかりやすく書き方を解説しますので、
まずは無料の会員登録(無料の会員登録はこちらから)をしてみてください。

また、こちらでは実際にどんなページをかけばいいのかを解説していますので、
ぜひ参考にしてみてください。

まずは無料登録!
シボライターロゴ
Copyright© 2012 シボライター|業界限定の副業ライター登録・求人サイト All Rights Reserved.